消泡剤

【譲渡性預金Guide】

譲渡性預金について

譲渡性預金は、第三者に譲渡ができる特別な定期預金で、CDやNCDという略称です。

 

最低預金額はだいたい数千万円からと高額で、預金者は証券会社や金融機関など企業が多く、発行は預金がある金融機関です。

 

譲渡性預金は取引されることを前提に、オープン市場といわれる短期金融市場で譲渡されます。

譲渡性預金の新規発行分や、譲渡性預金発行残高はマネーサプライ(通貨供給量)の目安ともなるため、短期金融市場の基準値ということで日本銀行の統計としてデータとなり記載されます。

 

以前は会計において預金の1つとして扱われ、「流動資産」の「現金及び預金」とされていましたが、金融商品取引法の施工と改正により、市場において流通し価値が変わるなどの特質が目立ち、「有価証券」の勘定科目として記載されることが決まりました。

 

こうした流れの後、譲渡性預金は、1979(昭和54)年に自由金利の先駆け商品として販売が始まりました。

譲渡性預金により、預金者にとっては短期間で有利に資金が運用でき、銀行側も企業が有していた余裕資金を積極的に短期で集めることができるようになったというわけです。

 

現在ではオープン市場で、証券会社、金融機関、外国企業、事業法人、公的機関など多くの事業法人が自由に参加しています。

 

そして譲渡性預金はもちろん、債券現先・レポ、コマーシャルペーパー(CP)、短期国債(TB)、政府短期証券(FB)、円建BAなど多くの短期金融商品が取り引きされるようになりました。

 

参加者が多くなったことで、より公平な価格がついています。